先生方の紹介

指揮者 辻正行先生

 1955年、武蔵野音楽大学声楽科卒業。
 1958年、同大学専攻科修了。
 55年卒業後、NHK東京放送合唱団に入団。テノールを歌い、イタリア・オペラ等にも参加した。
 65年NHKを離れフリーに。

 故朝比奈隆氏が毎日芸術賞を受賞した83年ブルックナー連続演奏会の「ミサ曲へ短調」演奏会では、
 辻正行率いるTCF(辻コーラス・ファミリー)合唱団の実力を示し、多方面から賛辞の声が寄せられた。
 84年には合唱団の最優秀指揮者に送られる「コーラス・オブ・ザ・ワールド賞」を受賞、
 これまでに多くの団体を全日本合唱コンクールで金賞に導いている。
 87年から91年のウィーン・ムジークフェラインでの「第九」コンサートや、
 第1回から10年間つとめた「すみだ5000人の第九」のコーラスマスターなど、
 大プロジェクトでの実力も高く評価され、「真夏の夜の夢」など、名指揮者、プロオーケストラとの協演も成功させている。

 2003年8月には日韓ジョイントコンサートを指揮し、演奏会を成功に導いた。
 日本合唱指揮者協会理事長、全日本合唱連盟相談役、東京都合唱連盟顧問を務めた。
 2003年11月1日死去。
 同11月28日、勲五等双光旭日章受章。

  指揮者 田中豊輝先生

 2000年、国立音楽大学音楽学部声楽学科卒業。
 2002年、同大学院音楽研究科声楽専攻(ドイツ歌曲)修了。
 声楽を内木邦子、佐藤峰子、眞嶋美彌各氏に、合唱指揮を故辻正行氏に師事。
 在学中、大学院オペラ公演に出演。モーツァルト「戴冠ミサ」「レクイエム」、ベートーヴェン「第九」、オルフ「カルミナ・ブラーナ」、
 シュッツ「復活の物語」「十字架上のイエス・キリストの最後の7つの言葉」、ペルト「ヨハネ受難曲」などのテノールソロを務める。
 2002年、東京と仙台にて歌曲リサイタルを開催。
 2003年、友愛ドイツ歌曲コンクール本選入選。

 現在、コンサートソリストや国立音楽大学大学院の授業補助を務める傍ら、
  大久保混声合唱団、中原混声合唱団など、合唱団の指導を手がけている。プロ合唱団「クロスロード・シンガーズ」ソリスト。

ピアニスト 武藤礼子先生

 武蔵野音楽大学卒業。

 ピアノを岩見はるみ、徳川愛子、神野明の各氏に師事。

 1985年、故辻正行率いるTCF合唱団ヨーロッパ公演にソリスト・伴奏者として参加。

 同じく97年、ウィーンにおけるシューベルト没後100年記念ミュージック・フェスタに伴奏者として参加。

 2000年9月、第1回静岡室内歌劇場オペラ公演において、プッチーニ作曲「ジャンニ・スキッキ」の練習及び本番ピアニスト、

 2001年9月、同じく第2公演においてシュトラウス作曲オペレッタ「こうもり」の練習及び本番ピアニストを務める。

 

 現在、静岡合唱団、静岡大学混声合唱団、コール・フェローニア、静岡室内歌劇場の各ピアニストを務める傍ら、

 歌曲・器楽のコンクール・リサイタルの伴奏も行っている。

 

 静岡サミル聖書教会会員・教会奏楽者。

ボイストレーナー 押切貞子先生

 山形大学特設音楽科声楽科卒。
 石井忠吉、上浪明子氏に師事。 
 中部日本放送合唱団、名古屋放送合唱団で活躍後、上京。モーツァルト「戴冠ミサ」、ペルゴレージ「スタバット・マーテル」、
 フォーレ「レクイエム」、バッハのカンタータ等のソロを務める。
 ヴォイス・トレーナー。合唱指揮者。
 「ユーロイソ」、「花野会」、「コーラスピカ・ブー」を指揮。
 おかあさんコーラス東京大会賞、全国大会ひまわり賞、グロスマン賞銀賞、都民コンクール入賞等。

ボイストレーナー 武律好先生

 昭和音楽大学音楽部声楽学科卒業。卒業時、優等賞受賞。

 東京都を中心に、ソロや声楽アンサンブルなどの演奏活動を行う。

 また、多摩男声合唱団を始め様々な合唱団のボイストレーニングや、吹奏楽団体の音楽指導、子供のための音楽教室、合唱曲の編曲等、幅広い活動を行っている。

ボイストレーナー 佐藤久美子先生

 洗足学園音楽大学声楽科卒業。
 声楽を築地利三郎、高折続、川名佑一、各氏に師事。
 地方でのソロ活動、子供コーラスの指導を経て、故辻正行氏指揮による創作オペラ等に出演。
 現在、混声合唱団を指導。その他、数団の女性合唱のヴォイストレーナーとしての活動を行なっている。

ボイストレーナー 山元彩先生

 国立音楽大学音楽教育科ピアノ教育専修卒業。声楽を星野美恵子氏・橋本靜一氏に、ピアノを竹山悠紀子氏に師事。在学中は松下耕ゼミに在籍し松下耕氏の下で合唱指揮・指導を研究。

 現在も松下氏の下でCollegium Cantorum YOKOHAMA のコンサートミストレスとして研鑽を積み、同合唱団で2013年8月に行われたグイード・ダレッツォ国際合唱コンクールに出場し2部門で1位を受賞した。

 現在演奏活動を意欲的に行いながら、ボーイストレーナーとして歌い手の育成につとめている。

ボイストレーナー 今井学先生

 大阪府大阪市出身。幼少期より合唱音楽に親しみ、中学・高校時代には大阪すみよし少年少女合唱、関西学院グリークラブにて活躍、研鑽を積む。桐朋学院大学音楽部声楽専攻卒業。声楽を納多正明、加賀清孝、木村俊光、指揮を故北村協一、吉田行地、各氏に師事。現在は同大学研究科三年次に在籍する傍ら、首都圏を中心に、声楽、指揮、ステージマネジメント、合唱編曲と、幅広く"音楽屋"として活動中。オペラでは「ドン・ジョヴァンニ」ドン・ジョヴァンニ役、「フィガロの結婚」伯爵役、「桃太郎」猿役、等で出演。TOHO Voice-Orchestra"総天然色"代表、指揮者。作曲声楽アンサンブル"THEATRE EN VOIX"同人。

 男性アカペラアンサンブル"Voce Girini"遊撃手。

ボイストレーナー 栗田滋勇先生

 愛知県立芸術大学音楽学部声楽専攻卒業。同大学院音楽研究科終了。
 これまでに「フィガロの結婚」フィガロ、「魔笛」パパゲーノ、「椿姫」ドビニー侯爵、
 「ラ・ボエーム」ショナール、「真夏の夜の夢」デミトゥリアス等のオペラ、
 モーツァルト「レクイエム」「戴冠式ミサ」「大ミサ曲」メンデルスゾーン「最初のワルプルギスの夜 」等のソリストとして出演。
 2006年から拠点を東京に移し、マスネ作曲オペラ「ウェルテル」アルベール役で東京デビューを果たす。